アメダスの明星電気(株)が提供する
超高密度気象観測・情報提供サービス

POTEKA(ポテカ)

POTEKAシステムは気象観測から情報配信までオールインワンで提供
気象庁測器検定付きなので情報公開・防災対策に使える小型気象計

POTEKAの必要性

POTEKAの必要性

近年多発する激しい気象現象は、従来の観測機器や経験に基づく予測技術では対応しきれなくなっています。
POTEKAは、気温や雨量など8つの気象データをリアルタイムで実測できる小型気象観測システムであり、気象観測を行いたい場所にピンポイントで設置が可能で、1分間隔で観測を行っておりますので局地的な急激な気象変化に素早く対応できます。またインターネットの環境があればいつでもどこでもどなたでもご利用頂けるため、防災対策・減災対策に役立ち、町の暮らしや企業の従業員を守るシステムとして期待されております。

POTEKAの製品概要

7つの気象センサーを搭載

気温・気圧・相対湿度・風向・風速・日射・感雨・雨量の8要素の気象データを実測する事ができます。
小型軽量で、どこでも簡単設置
気象計の本体サイズは直径200mm×高さ271mm重さは約1.35kg。
自立スタンド型で、基礎・アンカーは不要。ソーラーパネルを搭載し、外部電源が不要ですので、さまざまな場所に簡単に設置できます。
通信機能:LAN/携帯電話網
携帯回線(3G)ルーターを利用し、観測した気象データを1分毎にサーバーへ送信します。
気象測器検定取得
気温・気圧・相対湿度・風速・雨量

POTEKAシステムの基礎情報

  • 気温、気圧、日射、相対湿度、風向、風速、感雨、雨量の8つの気象データを実測
    ※気温、気圧、相対湿度、風速、雨量は気象庁測器検定付きです。
  • 1分毎更新のリアルタイムな実測値を情報公開
  • インターネット上で誰でも気軽に気象状況が確認出来ます
  • 無料で提供するスマホアプリ「MyPOTEKA」で閲覧や個別にアラートの設定が可能
    ※アラート機能はAndroidのみ
  • 観測された気象データをグラフや表の形式で表示可能
  • 降水強度、大雨、連続雨量、強風、気象急変、熱中症の情報が閾値を超えた場合、速報メールで担当者へお知らせします

POTEKAは簡単導入が可能

  • 初期費用は必要なし!驚きの低コストでメンテナンスフリー!
  • POTEKAシステムは年額の情報提供料だけで導入が可能!
    運営・管理に手間と費用がかかりません!!
  • 年額の情報配信料の中に、機器費・設置工事費などの初期費用に加え、機器を維持管理するメンテナンス費用が含まれています。
  • 観測データはクラウドサーバーに蓄積されるので、利用者側でサーバーを置く必要がなく、サーバーの維持費用が不要。

※別途、設置費用が必要な場合もございます。

追加オプション

  • お客様がすでにお持ちのシステムにWeb-APIを活用してPOTEKAのデータを統合や連携が可能です。
  • POTEKA本体に、水位計及び積雪計を搭載する事が出来ます。

※別途、機器代金・設置費用が発生します。

(1) 圧力式水位計

【 仕様 】
測定方式 液体の質量を圧力として検出してレベルに換算する。
精度 0.2%FS
測定範囲 最小0.7m計~最大200m計の間で任意にFSを指定可能
温度 -20~+60℃
電気出力 4~20mA
  1. 既設に圧力式水位計が設置されている場合が多い為、更新案件に適しています。
  2. 正確に水面からセンサーの位置までの水圧を測る為、正確な水位を観測することが出来ます。

(2) 電波式水位計

【 仕様 】
測定方式 マイクロ波バルスレーダ方式
・アンテナと液面間の距離を電波の伝搬時間から計測、レベルへ換算する。
測定精度 ±3mm(オプション:±2mm)
測定範囲 15m(4Bコーンアンテナ)
7m(2Bコーンアンテナ)
10m(4Bプロセスシールアンテナ)
7m(2Bプロセスシールアンテナ)
温度 -40~+100℃
電気出力 4~20mA
  1. 橋梁に設置することが出来る為、新設箇所に適している。
  2. メンテナンスフリー ※掃除程度
  3. 経年劣化に対しても機械的稼動部が無く磨耗や固着がないため信頼性が高い。

(3) レーザー式積雪計

【 電気仕様 】
電気消費 0.5~1w(ヒーター除く)
<12w(ヒーターON@-40℃)
電源 10~30VDC(ヒーターなし)
15~24VDC(ヒーターあり)
【 仕様 】
測定要素 積雪深
測定範囲 0~15m
測定精度 <±5mm
測定インターバル 10-600s
測定時間 6s
ハードターゲットとの距離 距離範囲:0.1-15m
測定時間:0.16-6s
【 測定環境 】
温度 -40℃~+50℃
【 インターフェース 】
アナログ 4~20mA

POTEKA NETを触ってみる

実際にPOTEKA NETを触ってみて、どのような動きや機能になるのか、お試しください。
大画面で見るには、下のリンクの「POTEKA NET」のホームページで閲覧ください。

 ※POTEKANET画面:http://www.potekanet.com/

POTEKAの活用方法

さまざまな企業・団体で活用されています。ご自身にあった活用方法をご覧ください。

  • 自治体
  • 学校
  • 工事現場
  • 農業
  • 鉄道・バス
    1. 気象情報をリアルタイムで実測しているので、現状の気象情報を把握する事が出来ます。
    2. データを蓄積しているので、過去に遡って気象データを確認する事が出来ます。
      ※一度、設置後に災害被害が有った場合はその時の気象データを見に行く事が出来ます。
    3. 気温・雨量・熱中症の気象アラート速報サービスを活用する事によって、より早く避難勧告を出す事が出来ます。
      ※降水強度、大雨、連続雨量、強風、気象急変、熱中症の6つの情報が閾値を超えた場合、担当者にメールを送る事が出来ます。
    4. 実測したデータを表・グラフにする事が出来るので、資料としてまとめやすい。
    1. 理科の授業で活用が出来ます。
      ※リアルタイムで気象情報を知る事が出来るので、理科の研究等で使用が出来ます。
    2. 雨・風速・熱中症の気象アラート速報サービスを活用し、メールが届いた際には生徒の帰りを遅らす・熱中症に掛からないようにする等の対策を取る事が出来ます。
    1. 雨量・風速が一定値を超えた場合、工事をする事が出来ないので、その工事が出来るかどうかの判断基準に活用する事が出来ます。
    2. 熱中症の気象アラート速報サービスを活用し、熱中症に掛からないようにする等の対策を取る事が出来ます。
    3. 地域によっては工事する前に気温等の情報を知る必要がある場合に活用する事が出来ます。
    4. 西から東に雨が流れてくる場合、もうそろそろ雨が降ってくると予測が出来ます。
    1. 気温、湿度、雨量のリアルタイムの情報を見る事が出来るので、作物等の管理をする事が出来ます。
    1. 雨量・風速の一定値を超えた場合、動かせない基準があるので、その判断基準に活用して頂けます。

導入したお客様の声

  • 雨量計の購入を検討していたが、雨量計の購入費用よりも、月額の情報配信料で利用できるPOTEKAが断然安かった。
  • 月額の費用に機器代、初期工事費、メンテナンス費用が含まれており、また専用サーバーも不要なため、予算が取りやすい。
  • 年2回のメンテナンスの実施があり、万が一機器のトラブルでデータが欠測の場合でも、リモート監視をしてくれている為に安心。
  • ソーラーパネルで電源確保しているため電源工事不要で、設置場所も気軽に検討出来る。
  • 市のホームページにPOTEKANETのURLをリンクしておけば、住民の皆様にも確認して頂ける。
  • POTEKAで観測された過去のデータも確認する事が出来るので、今後の防災対策に役立てたい。
  • 大雨、強風、熱中症注意時にメールで知らせてくれる。
  • イベント等がある時にピンポイントの気象予報を見る事が出来るので、対応がしやすい。
  • 土砂災害対策で雨量観測は必修なので、県の雨量計やアメダスの空白地帯にPOTEKA設置し、住民への避難情報に役立てたい。
  • ゲリラ豪雨など、雨の降り方が山間と市街地で違うので、多く降る山間に雨量計を設置したかった。
  • 災害対応時、避難情報や消防団の見回り強化を判断する際に活用できる。
  • アンダーパスなどの冠水による被害をリアルタイム観測により軽減に期待したい。

POTEKAの導入実績

POTEKAへのお問い合わせ

導入・運用についてなど、お気軽にお問い合わせください。

南海電設株式会社
〒556-0004 大阪府大阪市浪速区日本橋西2-8-3 伸和ビル3F
電話番号:06-6643-0181 FAX番号:06-6648-4800
ホームページ:http://www.nankai-densetsu.co.jp/