サイネージシステム 製品説明

サイネージシステムの更新情報

サイネージシステム 製品概要

当社は、情報の効果的な発信ツールとして、プロジェクター、ディスプレイによるデジタルサイネージのご提案をしております。デジタルサイネージは、たとえば、旅行会社店頭での旅行パック商品、旅行先での風景等イメージ情報の発信に使われております。また、新しく大阪駅北にできましたグランフロント大阪(大阪市ブース)では市民向けの情報発信に使われております。このように、当社では、業種、業態に係わらず導入のお手伝いをさせていただいております。
また、当社取扱ソリューションの緊急地震速報と連動させることで、多くの方に地震情報を周知する事で、被災を最小限にくい止めるようなシステムもご提案しております。

平成23年3月11日に発生した東日本大震災を受けて、TV会議システムが今までの電話やメールに代わる第3の通信手段として、また、緊急時の社内外の連絡手段として注目されています。さらに、出張費、人件費の削減目的で従来よりTV会議システムを導入されている企業が、より高品質、高機能な機器への移行として当社のシステムを導入しておられます。

サイネージシステム 製品説明

デジタルサイネージ「見映エル」

「見映エル」は、デジタルサイネージキットとなっており、ディスプレイ・メディアプレーヤー・ソフトウエアが一体となったオールインワンモデルです。
PC~見映エルをLAN接続、またはUSBメモリに保存してメディアプレーヤーに接続することでお客様が作成した動画、静止画等を簡単に画面に表示させることができます。

プロジェクタ

教育現場、事務所等あらゆる状況に対応した機種を準備しています。デモ機の貸出しも行っております。お気軽にご相談下さい。

ディスプレイ

デジタルサイネージ向けディスプレイをはじめ、IT、医療用ディスプレイを取り扱っております。

コミュニケーションツール(TV会議システム)

TV会議の特徴として、まず思い浮かぶのは、出張費や人件費が削減できるというものです。遠隔地から会議などに出席する際の交通費、宿泊費の削減、さらに、移動に関する時間的ロスを防げます。
ところが、最近は、緊急時に即打合せができるという長所に注目が集まっています。さらに、リスクマネジメントの一貫として、企業の経営陣や幹部が一ヶ所に集まることを避けられるという特徴があるため、BCP対策ツールとしての活用が重要視されてきています。
当社では、他社にない優れた圧縮技術と、200種類以上の解像度パターンでストレスのない映像での会議が可能な商品を提供しています。テレビのサイズが小さい拠点では話者を大きく写し、大画面では分割画面にするなど、好きなレイアウトが選べます。8拠点まで接続可能なMCU(多地点接続専用装置の略。TV会議を各拠点接続するための管理装置)内蔵端末や、低価格のMCU専用機をご用意しております。